☆もぐら打ち☆

こんにちは!平です!

今日は、この冬一番の寒さということで、なかなかの寒さでしたね。またまた、鼻の感覚がなくなり、真っ赤なお鼻のトナカイになりそうでした(^^;)

早速、現場報告です。

柳川市S様邸新築工事の現場では、K原大工さんご夫妻による木工事が今日もサクサクと進みました。

バルコニー部分ができてきました。床の防水下地は、しっかり施工済です。

午後からは、サッシやサッシ枠の搬入があり、順次取り付けていっています。

 

外部は、足場シートもしっかりと取り付けました。

明日から、3日間、K原大工さんはお休みとなります。
その間に、材料搬入や、サッシの障子の取り付け等が進む予定です。

また、週末の土曜日にお待ちしております。よろしくお願いします。

 

先日のS様邸の上棟の日は、ちょうど地元の行事事もあっており、S様と娘さんたちも、その行事に参加されていて、午前中は大忙しでした。

その行事事は、私の地元では行われていなくて、初めて見る新鮮な行事だったのですが、いろんな方とお話をしていたら、有名な行事だったようです。

その行事とは『もぐら打ち』。懐かしいと思われる方も多いのではないでしょうか。

もぐら打ちとは・・・竹に巻いた藁等で家先や田畑の地面を叩いてまわる九州地方に伝わる伝統行事。元来は田畑を荒らすモグラの害を防ぐために行われていた作業が、五穀豊穣や家内安全を祈る儀式となったもの・・・とのこと。ほー(^^) 

地元の子供さん達が、地面を叩くだけではなく、決まった唄?や唱え?があるようで、みんなではなく口を揃えて「14日のもぐら打ち~♪・・・」。本当に新鮮でした。

上棟中のS様邸にも来てくれて、家内安全、無病息災をしっかりと祈って頂きましたよ。ありがとうございました☆ 

 

さあ、明日も穏やかな一日となりますように☆ 防寒対策もしっかりと(^_-)-☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です