私たち大橋建設は柳川近郊で、家庭の状況も変わり、住まい方やライフスタイルも大きく変えたいけれど、何をどうしたら良いのかわからないと悩んでいる人たちのために、とことんじっくりお付き合いしながら、家族みんなが幸せになれる木の味を活かしたステキなお家を、大工さんのシッカリした技術で提供することに生きがいを感じている工務店です。

大橋建設

  • 電話0944-74-4137
  • info@ohashiarc.co.jp
お客さまの声

自然で体にやさしい 平屋の家づくり(Hさま)

P1040996
□建物情報 木造平屋建て
延べ面積 78.78㎡ 平成26年6月 竣工

□インタビューお施主さま:   :平   :高山

:今日はありがとうございます。 それでは、よろしくお願いします。緊張します・・・。
家づくりを考えるようになったきっかけを教えて下さい。

:もともとは、家を建てるつもりなんて、全くなかったんですよね。 そうしたら、父が、土地を用意してくれて、家を建てないかって言われて。 少し前に、田んぼを宅地にしていたのは知ってたけど。 まさか、私の家の土地とか、考えもしてなかったから。沸いてでた感じの話で(笑) 一軒家に住みたいっていうのは、誰でもある夢だけど、私は、人生の中で、 「自分の家を建てる」っていうことはないと思っていたので。

:お父さんも、色々心配されていましたもんね。

:父は、孫も男の子だし、近くに置いておきたいっていうのもあったんでしょうね。

:それから、息子さんの進学だったり、消費税増税前だったりで。

:大橋建設さんのOB邸とかをいろいろ見せて頂いていた時の道中の車の中で、 消費税増税前に予想される状況だとかもいろいろ聞いて。 全てタイミングがよかったですよね。

:それから、家を建てることになり、当初はどんな家が理想でしたか?

:沸いて出た話だったので・・・突然すぎて、正直よくわからなかったです。 でも家といえば、普通に2階建ての家かなと思っていました。 平屋というイメージはありませんでした。

:初めは2階建てで考えていましたが、敷地もあるので、平屋の提案もさせて頂いたん ですよね。

:意外でした。でも平屋でよかったです。ちょうどいい広さでね。 いろいろ家を見せて頂く内に、雰囲気は、古民家的な感じが好きだったんですけど、 息子はそれは、あんまり・・・っていうのもあって。 でも、絶対、木の家がいいとは思っていました。 自然で体にやさしい家が一番で、化学物質の少ない家。 そこだけは初めからぶれてませんよね。

:そうですね。それは、一番初めから言われてましたね。 その他は、何がいいのかわからないって、悩まれていましたもんね。

:モデルルームとか見て、事前にいろいろ計画していって進めていたわけじゃなかったから。家の形の理想というよりも、体にやさしいお家というのが、理想だったんでしょうね。

:そうですね。 大橋建設で家を建てる前に、何で悩まれていましたか?

:いくらくらいあったら、家を建てられるんだろうかとか、どのくらいのお金があったら、どのくらいの家が建つんだろうとか思っていました。ハウスメーカーの坪単価っていうのも、よくわからなかったし・・・。
いかに、限られた予算内で理想に近くていいお家ができるかとか。 でも金額より、体にやさしい家、体への害が少ない家を、どこに頼んだらいいんだろうと思っていました。

:そうして、大橋建設に来られたんですよね。

:友達(OB施主様)の紹介でね。 その友達の家もよく知ってたし、友達も自分の家のことをすごく自慢してたし。 今でも、よくするけど(笑)。

:いつも、当社の営業してもらってますね(笑)

:一番初めは、完成見学会でしたよね?

:そうでした。なんか、なつかしい~。

:本当ですよね~。大橋建設を選んだ理由は、何だったんですか?

:大橋建設さんの建てられた家を見せて頂いて、自分のイメージに近かったのもあるけど、 それより、スタッフさん雰囲気とか、まとまってる感じとか、話しやすい感じとか、いろいろ 相談しやすい雰囲気があったからです。
これから家を考えていくのに、言いづらいっていうのもイヤだったし。 それから父も、地元の工務店さんじゃないとだめだって言ってました。 何かあったときに、すぐに対応してもらえるようなところじゃないと心配だって。 ずっと付き合っていくことにもなるし。
それから、やっぱり友達が大橋建設さんのことを、「凄くよくしてくれた!」っていつも言っていたんで、安心だったのもありました。

:ありがとうございます。

:うれしいです。

:一生の中の一番大きな買い物なんで、それを任せて造ってもらうんだしね。

:それで、家づくりが始まりました。その途中でめげそうになったことは?

:どんな家になるんだろうかと、イメージがよくわからなくて・・・ 特に色決めは悩みました。

:やっぱり。私もそこなんじゃないかなあと思ってました(笑)

:(笑) 外壁、サッシとか、内部の仕上げの色とか・・・ それぞれは気に入っていても、全体のバランス的にどうなんだろうかと。 ずっと住む家だから、そのときに失敗したら、その先ずっと気になるんだろうなと思って。やっぱり家は、安らぎたいじゃないですかあ。 イメージのビデオとかがあればねー。

:そういうことはお客様から、よく聞きますね。

:うん。

:今イメージパースとかは、勉強しています。

:でも、実際にその仕上げでできた家を見せてもらうのが一番わかりやすいと思います。

:そうですよね。

:でもその時は悩んだけど、結局最終的に選んだものでよかったです。

:私もよかったと思います。あの時はかなり悩まれてて、辛いだろうなとは思っていましたけど。

:いやいや。こうしたいっていう要望を細かいところまで聞いてもらえたことは、 よかったです。何一つ否定せずに。やっぱりそこで否定されると、次が言いづらくなる じゃないですか。

:その時に、何でも言ってもらって悩んでもらってたほうが、絶対後で後悔しませんもんね。今では、あの時のことをこんな風に笑って話せるし。(笑)

:本当にね(笑)

:もうすぐ2年になりますが、住まわれてからの感想を教えてください。 いつも聞いてるけど(笑)

:満足です!

:ありがとうございます。

:うれしいお言葉です。

:住んでみて、無駄がなくて2人の生活に合った家だなあって。 とにかく、住みやすいです。

:暑さ、寒さとかは?

:冬は、暖かいと思います。暖房も一日中つけていることは、ほとんどないです。 冬の朝に、「う~寒い!」って思うこともないし、実家と比べたらよくわかります。 やっぱり、断熱がいいんです。

:夏は、窓を開けていると、風も通りますもんね。

:そうそう。

:床の方はどうですか? ※床は杉の無垢板です

:やわらかくて、足ざわりがすごくいいです。

:傷とかは?

:初めはやっぱり新しいから少し気になりました。
でも、やわらかいので傷がつきやすいとは初めからわかっていたことだから、今はあまり気になりません。やっぱり、足ざわりが気持ちいいし。

それから、壁も天井もそうですけど、木の色が良い感じになってきています。
初めはもう少し白かったと思うんですけど、少しずつ飴色?になってきました。

:そうですね、良い感じに馴染んできてますね。そして、Aちゃん(猫)が来たんですよね?(笑)

:そう(笑)。 まだ、住んでから一年も経ってなかった頃だったんで、 あ~どうしようと思ったけど。 床が・・・、壁が・・・、柱が・・・カーテンが・・・って。
でも、やっぱり一緒に住むことになりました。 はじめは、捨てられたのか、迷いこんだのか、家のデッキのところにいて、 それを息子が抱いていて・・・それを見たときから、もしかしたらこうなるんじゃないかとは思っていました。そのときはすごく小さくて、ぶるぶる震えててねえ~。 そして、あのつぶらな瞳でみつめられたら・・・もうだめでした。

:(笑)

:でも傷は床だけです。 壁とか柱とかは、全然傷つけませんし。

:すっごく美人ですもんね?

:メスですか?(家でオス猫を飼っている高山が食いつきました)

:はい。

:うちも猫飼ってるんですけどね(笑)かわいいですよね。

:そう、かわいくてたまりません。

:今、どこにいるんですか?

:今、外に遊びに行ってます。しばらく帰ってきませんよ。

:帰って来ないかなあ(笑)

※ここから10分ほど話が脱線・・・楽しかったです(笑)

:大橋建設で家を建てたら幸せになりそうな人はどんな人だと思いますか?

:大橋建設さんで建てたら、みんな幸せになるんじゃないですかあ。
完成見学会とかも含め、建てられたお家何件か見させて頂いたけど、それぞれが、 その家族に合わせた家を考えられてるじゃないですか?決まった形じゃなくて。

生活スタイルとか、家族の思いとかも考えられているのがわかったし。
縁もあるとは思いますけどね。 私みたいに、限られた予算しかないけど、そのなかで、満足のいく家が建てられるだろうかと 悩んでいる人は、ぜひ、大橋建設さんで!と思います。
家の計画を進めていくうちに、どんどん大きくなりすぎて、後でこんなに大きくなくて よかった・・・とかいう話もよくききますよ。ローンが大変だとか。そんな話を聞くと、また、私は、大橋建設さんでよかった~と思うんですよ。 いろいろ相談したり、聞いてもらったりできたし。

:ありがとうございます。 そうしたら、その人へのアドバイスは?

:何でも話すこと、相談することでしょうか。 家って長く住むし、家族のこと、将来のことも考えて、長く機能することが大事じゃない ですか。はじめは平さんにも、仕事のこととか、お休みのこととか、毎日の生活スタイルをいろいろ聞かれて いたじゃないですか。 形だけじゃなく、住む人の生活とか、将来とか、性格だとかをわかってもらって、 家をつくったほうが、絶対いい家になると思います。家って、実際に住んでみてから、住みやすいとか、安らげるとかわかってくるじゃないですか。そういう家じゃないと、満足にならないし。

:本当にそうですよね。ありがとうございます。

:息子の友達も遊びに来るんですよ。

:そうなんですねえ。

:先日は、ここに14人も!

:14人?!

:そう(笑)すごいでしょ? あの部屋にキューキューになったリして(笑)

:それが楽しいんでしょうね。

:そうそう(笑) 居心地がいいんでしょう。 本当に住みやすい家をつくってもらったと思っています。ありがとうございました。

:こちらこそ、ありがとうございました!

:そういって頂けるのが、本当に一番です。

3:でも、引渡しの時に、花束を頂いたことは、本当に驚きましたし、うれしかったです。

:いや~、いろいろたいへんだっただろうなと思っていたし、私も嬉しかったし。

:本当にありがとうございました。 それから、完成した家を見られて、「この家って、本当に人がつくったんですよね。 人間ってすごいですよね」って言われたことも、すごく印象に残ってます。

:何もないところから、一からひとつひとつつくりあげていったんですよね。 本当にすごいなーって思ったんですよ。人間ってすごいなって。(笑) いやー、本当にありがとうございました。

:こちらこそ、ありがとうございました!

 

Hさまは大橋建設のイベント等にもよくご参加頂いていますし、感謝祭の時には、スタッフとしてもご協力頂きました。大橋建設の新しいお客さまのために、ご自宅を見学の場として提供して頂いたり、いつも快く対応して頂いています。 お家にお伺いしてお話していても、途中から話が脱線し、ガールズトークになったり、反対に相談したり(人生相談?)と、いつも楽しい時間となります。