私たち大橋建設は柳川近郊で、家庭の状況も変わり、住まい方やライフスタイルも大きく変えたいけれど、何をどうしたら良いのかわからないと悩んでいる人たちのために、とことんじっくりお付き合いしながら、家族みんなが幸せになれる木の味を活かしたステキなお家を、大工さんのシッカリした技術で提供することに生きがいを感じている工務店です。

大橋建設

  • 電話0944-74-4137
  • info@ohashiarc.co.jp
施工例

柳川市 T様邸

今回の施主様は弊社の協力業者様の社員さんです。

きっかけは、お子さんも大きくなられてきた事でアパートが手狭になっていたことでした。

お子さんも大きくなられていたので校区は変わりたくないのですが

どうしても土地が見つかりませんでした。そんな時に弊社の社長が施主様と一緒に熱心に

土地を探されている姿を見て『この人に全てを任せて家を建てたい!』と思われた事が

きっかけで新築を請負う事になりました。

施主様の希望は『自然素材』で行きたい事と『階段は欲しいけど平屋がいい』ことが

家を建てるにあたっての要望でした。

その要望に出来るだけ寄り添えるような設計をさせて頂きました。

 

玄関の扉を開けるとシンプルなクロスに可愛らしいニッチがお迎え。施主様色に飾る事が

出来るような感じにし、靴箱を高さ違いに設けました。高さ違いにする事で、窓を一つ

設けることができ外の光を取り入れる事ができるようにしました。

  

トイレのカウンターは一枚の杉板を利用し大工さんが滑らかな曲線に加工しました。

そのカウンターを上品に見せるかのように赤い陶器の手洗い鉢が上手い具合にアクセントに

なりました。施主様のご主人が考え『この色が木の色合いと合う!』と考えられ

決められました。木の色とマッチしいい演出をしてますよね♪

またトイレの中に仕掛けを・・・トイレの扉を閉めるとニッチが出てきます!

さりげない部分に遊び心をいれた感じになりました。

 

キッチン周りは白で統一させました。桧の一枚板のカウンターとバランスがとれ

清潔感が出てます。キッチンの奥にはちょっとした収納庫を設けました。

日頃から奥さんが使用するものや保存が可能な食品を置く事ができ出し入れもしやすく

なってます。照明も取り付けていることで、物が見つけやすく台所周りもしっかり片付ける事が

できます。

  

20帖のLDKには自然素材ならではを生かすため、フローリング天井・柱など杉材を

使用しました。又、施主様が要望されていた『階段』をリビングに取り入れ和室を

下にではなく上に持ってくることを提案しました。

和室を上にもってきたことで、ちょっとした隠れ家を味わう事ができます。

畳を敷いたことでゆっくりと寝転がる事もでき、一息つくことも出来るような空間に

なりました。孤立したようなつくりをしていないため、和室から下を眺めリビングに

いる人たちと会話もすることが出来るようになってます。

  

こちらのご自宅は脱衣室と洗面台を別々に設けました。脱衣室の部分には作り棚を設置し

家族の衣類やタオルを収納できる棚や引き出しをつくり一番下の部分はキャスター付の

引き出しに汚れ物の洗濯物を入れるカゴ代わりに使用する事ができるようにしました。

洗面台は勝手口のところにもうけ、その横にも作り棚を!

それぞれの箇所で収納スペースを作っていることでしっかり片付ける事ができますね。

脱衣室と洗面台を分けた事で家族が気を使わずに自由に使用する事が出来ます。

 

各部屋の奥にもしっかりとした収納スペースを設けています。つくり棚だけではなく、

洋服もしっかりかけれるようにパイプも取り付けています。2階に和室をつくった事で

下の空いているスペースには納戸を作りました。納戸の室内にも小さな扉がありますね!

こちらは階段の下の部分になるのですが、その下とちょっとした物を収納できるように

しました♪出来るだけ無駄のないようにし沢山の収納部分を確保しました。

また、こちらのご自宅のもう一つの特徴はリビングと廊下で全ての部屋が繋がっており、

一周まわる事ができるんです!主婦としては動線がスムーズにいくとこは、本当に

あり難いものですよね。

施主様が住み続けたかった地域に無事に家を建てることができました。

施主様ご家族も出来上がった自分の家を見て大変喜ばれていました!

今までのアパート暮らしとは違い、お子さん達も自分の部屋をもらえて嬉しそうでした。

また、アパート独特の隙間風もないようで、寒い冬に入る前にお引き渡ししたことで、

温かい冬を迎える事が出来たようです。T様これからは新しいお家で、思い出のページを

刻まれていって下さい。そしてこれからも弊社を宜しくお願いします。