壊して見ないと分からない

おはようございます。

今日も昨日に引き続き、ちょっと肌寒い1日になりそうです。

さて、今週からI様邸の水廻りの大規模改修工事を始めました。

先ずは、天井・壁・床、全てを解体していきます。

P1040148

予定では、本日までに解体作業を終えて明日からは、

今までの生活動線を変える為、柱の入替、梁の補強へと進んでいきます。

ここでいつも問題になるのが、壊して裸にしてみないと分からない事も

あります。

P1040149

計画通りに柱が抜くことが出来ない場合があると言う事です!

特に2階建ての木造住宅では、そういう場合がありますので、再検討が

必要になります。今回は私が確認した所、何とか予定通り行きそうですが

床を支える梁を多くしておく必要がありそうです。

又、忘れていけない事は・・・耐震補強ですね!!

家を揺れから守る!壁を取るわけですからその分を補う事は

当然のことです。しかし、このことがなされず熊本でもリフォーム後の

建物倒壊が多かったと聞いてます。I様大丈夫ですよ!

私がきちんと確認していきますので~~!

これから約1ヶ月半と言う期間、不自由なこともあると思いますが、

宜しくお願いします!!

何かあればいつでもどうぞ~。