あー、やっちゃったー

みなさん、こんにちは!

台風12号は、どこへ向かって進むのでしょうか?予報円があまりに広すぎて、わからんばーい。

さて、大工育成塾生のまーくん。朝、会社から現場へいつものように出発しましたが、途中のコンビニでトイレを借りたそうです。店を出て、ポケットの中のカギを取り出そうとしたら、ないっ!「えー!うそ~。」   あろうことか、車の中にカギを詰め込んでしまいました。

そこから1時間。自分でなんとかしようと思ったらしいですが、努力しても無理なこと。とうとう、あきらめて、私へ電話がありました。

私は、自動車保険にロードサービスがあることを聞き、フリーダイヤルへ電話しました。そうすると、40分程で来て頂き、30秒でドアのロックを解除して帰られました。

まーくん。やってしまったことは仕方がないですが、現場では状況判断が大事ですよ。早く、報告してください。

でも、きっと、私に怒られるのが、怖かったんでしょうね・・・(笑)

やっと修理が終わりました!

みなさん、こんばんは。三連休はいかがお過ごしでしたか?

残念なことに、お天気は、最悪ではありませんでしたが、とにかく蒸し暑い日が、続きますね。ハァー、ハァー。

先月上旬にお引き渡しをした柳川市K様邸。そこで起こった大事件。(洗濯機の搬入時に、建具枠にキズが入ってしまった→詳細は6月8日社長ブログ

7月17日(金)に、その修理が、プロの手によって、ほぼ完璧に近いぐらいの仕事をして、帰られました。使う道具といえば、バックの中に、ドライヤーその他、絵の具みたいなものなど・・・。えー!これだけで、できるのー!?

P1020859

K様は、最初は本当にできるのか、あんまり信用していなかったのか、イスに腰掛け、ちら見状態。

P1020860しかし・・・最後は、プロ職人の「これでよろしいでしょうか?」の言葉に、

P1020861「うん、これでよかばい!」の声。とうとう納得されました。

P1020862

ちなみに、修理前・・・

P1020708

修理後・・・

P1020863

 

ほんの少しのミスが、長い間、K様を苦しめることに・・・。家電屋さんには、注意しましょう。

 

買っちゃいました

こんにちは、毎日汗が頭から流れ落ちて目がしみています。

(ガードがないと辛いなー(; ̄д ̄)ハァ↓↓)

昨日、父親の代からお付き合いしている機械屋さんに中古でいいから、

糸のこ盤を捜してもらっていました。

なぜかというと、糸のこ盤があると、小さい曲線や複雑などいろんな形に

木材を加工することができるのです。

P1020856

前回、開催した子供大工塾では、複雑なキャラクターの形にとても苦労したことがあり、

これがあれば子供たちの要望にそったキャラクターがきっとできるのではーーーーと

思っていました。

今回ついに、夢の糸のこ盤をとても安くゆずってもらうことになりました。

8月2日の子供大工塾に向けて今から機械の使い方を練習しなくてはいけません。

P1020857

くわがた発見!!

みなさん、こんばんは! 今日は暑かったのも~。

今度はT様邸の現場で、『くわがた』を見つけました。柳川でもまだ採れるとね~うれしい~!P1020848

P1020850

息子が喜ぶと思い、事務所まで連れて帰りましたが、やっぱり、泣かれると思いましたので、ちょうどご夫婦2人で、打ち合わせに来て頂いていたM様に、プレゼントしました。虫が大好きな子どもさんたちなので、きっと大喜びだと思います。

今度は、『かぶと虫』を採ってきて、プレゼントしようかなー

長年のあかし

こんにちは!梅雨真っ只中です。

今年は雨漏りの電話がないまま終わるかなーと思っていたら、

昨日になって2件の電話がありましたので、

瓦工事屋さんと2人で調査に行きました

この二つの現場、以前内装のリフォームでお世話になっていました。

P1020833

M様邸は、築40年を過ぎており屋根と屋根がぶつかった場所に谷ができます。

その部分は、瓦を葺くことが出来ないので、

銅板で葺きます。

その銅板はわずか0.3~0.4mm

長年同じ場所に水玉が落ちて少しずつ削られとうとう穴があき雨水が流れ込み、

1Fの天井に落ちてきました。

P1020831

Y様邸は、築80年を過ぎた住宅で、瓦葺の方法が今のように釘やビスなどで,

しっかり固定するやり方ではなく、

杉皮と土を使って葺く方法です。

P1020836P1020837

この葺き方は長い年月の間に瓦がずれて、隙間ができることで、雨水が瓦の下へ

そして、天井へと流れ落ちてきたようです。

いずれにせよ、修理を早くしないと、構造体へ影響してしまいますので、

天候を見ながら対応していきますので、ご心配はいりません(^・∞・^)ヾ

変身!!

こんばんは。

夕方、髪がのびすぎていましたので、床屋に行って来ました。のびすぎたといっても、サイドが15mm程ですけど(笑)

髪が長い人は、2ヶ月に1回というサイクルで床屋に行くらしいですが、私の場合は髪が少ないので、1ヶ月に1回ぐらい行かないと、中央には毛が生えていないので、落武者のようになってしまいます(笑)

作業時間は、わずか2分程度で、バリカンを前から後ろへ20回程度動かせば終了ですが、私の行きつけの床屋の大将は、これで終わりにしません。念入りに口ひげを整えて、他のお客さんと同じ時間をかけてくれます。ありがたいです(笑)

P1020827 ビフォー

P1020829 アフター

エッグダディー エッグダディー

一番大事な事

こんにちは!

1ヶ月ががりで、柳川市T様邸の家引き直し工事が完了しました。工事を始めてから、毎日のように現場確認をしておりましたが、とても根気のいる仕事だと思いました。日々のこつこつ行う作業の繰り返しが、やがて、大きな建物を動かしてしまう・・・何か、安堵と達成感がありました。

ここで、この工事に協力して頂いた業者さんを紹介させて頂きます。

P1020826↑一番背の高い方が、社長さんです。

『中島家引き直し』という屋号で八女市に事業所があります。社長さんは、3代目で創業80年になる会社です。代々技術の伝承が途絶えることなく続けてこられたとてもめずらしい貴重な会社だと思います。現社長さんに、最後に一つだけ質問を投げかけてみました。

大:「この仕事で一番大事なことは、または、心がけている事は何ですか?」

中:「工事が終わって必ず施主さんに喜んで頂ける仕事をする事です。頼んで良かったと言ってもらえる仕事をすることです。また、目配り・気配り・心配りを大切に指導しています。今後も技術の向上をはかり、お客様のお役に立つ仕事をやっていきたいです!」

工事も終わり、最後に、当然かもしれませんが、お施主さんにきちんとあいさつをされて、帰られました。

中島さんが帰られた直後、お施主さんは、ニコニコされながら、私に、「とてもいい業者さんですね。あなたの教育がいいのでしょうね」と、お褒めの言葉まで頂きました(笑)。

”中島家引き直しさん、お疲れ様でした。たいへんお世話になりました。今後とも、よろしくお願い致します。”